宣伝会議
第32期 マーケティング実践講座

受講ご検討の方専用ポータルサイト
※21/5/17(月)15:00更新

当ページ、ならびに内容を、
共有・転載することを一切禁じます。

事務局の中川より

  • お世話になります。
    第33期 マーケティング実践講座を企画している中川と申します。

    本サイトもご覧いただきありがとうございます。

    不確実な時代には、より確実なものが求められるようになりますが、
    こうしたタイミングで、
    マーケティングに可能性をお感じになられている方のお役立ちたいと考え、
    「受講したいけれど、もう少し悩みたい」とお感じの貴方の背中を押すことができればと思い、
    修了生の実績や、受講に至った理由を掲載します。

    ぜひ、ご自身のこれからに重ね合わせて、ご覧いただけますと幸いです。

    ご覧の貴方の悩みが減り、やりたかったことが実現できるよう、
    事務局一同、応援します。
  • お世話になります。
    第33期 マーケティング実践講座を企画している中川と申します。

    本サイトもご覧いただきありがとうございます。

    不確実な時代には、より確実なものが求められるようになりますが、
    こうしたタイミングで、
    マーケティングに可能性をお感じになられている方のお役立ちたいと考え、
    「受講したいけれど、もう少し悩みたい」とお感じの貴方の背中を押すことができればと思い、
    修了生の実績や、受講に至った理由を掲載します。

    ぜひ、ご自身のこれからに重ね合わせて、ご覧いただけますと幸いです。

    ご覧の貴方の悩みが減り、やりたかったことが実現できるよう、
    事務局一同、応援します。

修了生の活躍のご紹介

ここでは、『マーケティング実践講座』の内容を生かして、受講前にはなかったマーケティングでの成果を出された修了生の方の活躍を一部紹介します。貴方のマーケティング活動のモチベーションになりましたら幸いです。

また、講座を受講いただき、その後のご活躍をされましたら、次回は貴方の活躍を取材できると嬉しいな、と思っております。

マーケティング思考を養い消費者起点で企画を考える
松井 俊輔さん
日清食品 マーケティング部
※2018年6月開講の第25期を受講
ブランドの価値を再確認し、マーケティング戦略に活かす
毎年複数名で受講
コーセーコスメポート ブランド企画部
※本記事は2019年6月開講の第27期を受講時
講座+実践の包括的な学びでスキル+モチベーションが向上する
米田 和雄さん
SUBARU 国内営業本部 マーケティング推進部
※複数期に渡って派遣継続
10年新規事業に携わり感じていた、人間中心のアプローチの悩みが解消された
泉谷 周生さん
日本特殊陶業
イノベーション推進本部 戦略マーケティング部
※2020年9月開講の第30期を受講
Coming soon...
次は貴方の記事が載せられると嬉しいですね!
10年新規事業に携わり感じていた、人間中心のアプローチの悩みが解消された
泉谷 周生さん
日本特殊陶業
イノベーション推進本部 戦略マーケティング部
※2020年9月開講の第30期を受講

受講期間中に実践するから、修了までに成果を実感できます

貴方と同じくレベルアップしたいと感じている、
他社のマーケティング担当者と、
『一緒に学んで、実践を共有し合う』から、
受講期間の3ヶ月のうちに成果が出ます


宣伝会議のマーケティング実践講座は、
ただ、講座を受講するだけのセミナーではありません。

些細なことでも良いので、
毎週学んだことを、翌週の講義までに、実践していきます。

だから、受講期間中から、
ご自身の想像以上の成果を実感される方が、多数いらっしゃいます。

しかし、新しいことを一人で始めて、
続けていくことは、
なかなか簡単にできることではありません。

本講座は、今のお仕事でより短時間で良い成果を出したい、
マーケティング担当者/責任者として
自信を持って活躍したい、
とお感じの皆さまが受講されます。


所属している企業、業界、規模、社風は違ったとしても、
この気持ちは共通です。

本講座は、ライブ開催として月曜19-21時に一緒に学び、
毎週、些細なことでも、実践した内容を共有し合うことで、
同期の講座を受講する皆さんと一緒に、
現実的に、理想を実現していく、
マーケティングでスキル/キャリアアップしたい皆さまにとっての
『日本で一番の場所』でありたいと思っております。


第33期 オンライン開講 マーケティング実践講座を
「受講したい」と思っていただけましたら
こちらからお申し込みください!

●講義日程:6/14、6/21、6/28、7/5、7/12、7/19、7/26、8/2、8/23、8/30を予定

『マーケティング実践講座』の修了生に聞いた
受講のきっかけ

受講の動機は皆さん異なりました。
貴方はどれに近いですか?

紹介を受けて

「学生時代の旧友でマーケターの友人に相談した所『この講座なら間違いない』と勧められました。」

受講が部のルールになっていた

「マーケティング部門に配属された時に、上司から、『私も上司に進められ、とても役立っているので、受講してください』と言われました。」

受講が部のルールになっていた

「マーケティング部門に配属された時に、上司から、『私も上司に進められ、とても役立っているので、受講してください』と言われました。」

カリキュラムが一番充実していた

「インターネットで、マーケティングセミナーを検索していた所、カリキュラムが一番充実していて、実践的だと感じました。」

包括的、体系的に学べると思った

「それまで独学で書籍などで学んで実践していました。ですが、どうしても聞きかじりになってしまうため、全体像を学んで、何を優先すべきか学びたいと思いました。」

包括的、体系的に学べると思った

「それまで独学で書籍などで学んで実践していました。ですが、どうしても聞きかじりになってしまうため、全体像を学んで、何を優先すべきか学びたいと思いました。」

講師陣が豪華だと思った

「講師が全員、現役の後方に精通した実務家と知ったからです。実績に裏打ちされた講義内容だと期待しました。」

修了生の実績が納得できた

「講義内容をそれぞれの会社に合わせて実践されていることが分かり、明確な成果がでていることが決め手でした。」

修了生の実績が納得できた

「講義内容をそれぞれの会社に合わせて実践されていることが分かり、明確な成果がでていることが決め手でした。」

楽しそうだった

「体験セミナーで、講師や事務局の方が、講義はもちろん、マーケティングの仕事を楽しんでいると感じたため。」

受講後もつながりがあるから

「自分次第ではありますが、他社のマーケターの方と、事後もコミュニケーションをとって、コラボレーションや情報交換がしたいと思った。」

受講後もつながりがあるから

「自分次第ではありますが、他社のマーケターの方と、事後もコミュニケーションをとって、コラボレーションや情報交換がしたいと思った。」

社内にマーケティングの相談ができる人がいないから

「どうしたら良いか悩む時に、社内に相談でき流人がいないので、講師にマーケティング活動の相談できると良いな、と思った。」

急な異動でマーケティング担当になったけれど、右も左も分からないから

「長年、営業職を担当していたが、急に広報への異動を命じられた。『なぜ自分がマーケターに!?』と晴天の霹靂でしたが、まずは学んでみようと思いました。」

急な異動でマーケティング担当になったけれど、右も左も分からないから

「長年、営業職を担当していたが、急に広報への異動を命じられた。『なぜ自分がマーケターに!?』と晴天の霹靂でしたが、まずは学んでみようと思いました。」

マーケティング部門の立ち上げを迫られて

「社内にマーケティングに精通している人が誰もいない状態で、マーケティング戦略の立案と、部門を立ち上げを求められて、困ったから。」

部下に指導するために、学び直したかった

「これまで我流で行ってきましたが、部下がつき、指導をする立場になりました。自社の独自のやり方だけだけではなく、より客観的にマーケティングを学びなおしたいと考えました。」

部下に指導するために、学び直したかった

「これまで我流で行ってきましたが、部下がつき、指導をする立場になりました。自社の独自のやり方だけだけではなく、より客観的にマーケティングを学びなおしたいと考えました。」

自分の評価向上のため

「どれだけ頑張っていても、その努力が正当に評価されていない、という悩みがあり、明確な成果を示せるようになりたいと思った。」

正しいマーケティングを知らないストレスから解放されたかった

「判断基準がないまま、毎回ゼロベースで考えてマーケティングをしていたので、そのストレスから解放されたいと思いました。」

正しいマーケティングを知らないストレスから解放されたかった

「判断基準がないまま、毎回ゼロベースで考えてマーケティングをしていたので、そのストレスから解放されたいと思いました。」

子育てと仕事を両立したい

「リモートで自宅からでも仕事ができるマーケティングのスキルを身に着けて、子育てしながら安心して働きたいと考えました。」

定時で仕事を終わらせて、プライベートを充実させたい

「プライベートを充実させたいと思い、不要な残業を減らして、今までやりたかったけど見送ってきたことを、始めたいと思って受講しました。」

定時で仕事を終わらせて、プライベートを充実させたい

「プライベートを充実させたいと思い、不要な残業を減らして、今までやりたかったけど見送ってきたことを、始めたいと思って受講しました。」

第31期受講者のうち、3人にひとりが
『上司・先輩』からの紹介でマーケティング実践講座を知られました


第31期の受講者のマーケティング経験は、
未経験の方が22.2%
1年未満の方が38.9%
1-3年の方が25.0%
3-9年の方が13.9%、でした。


受講したいと思っていただけましたら
こちらからお申し込みください!

第33期 オンライン開講 マーケティング実践講座

●講義日程:6/14、6/21、6/28、7/5、7/12、7/19、7/26、8/2、8/23、8/30を予定

完全オンライン講義として開講中の
第31期『マーケティング実践講座』
各講義への率直な感想(抜粋)
※第32期が開講途中のため第31期を掲載します※

第1回:
マーケティングの基本(1)
~ブランド戦略~
活用実感:4.54/5点
「ブランドパーパスの重要性がわかりましたし、 明日から目にするブランドのパーパスは何なのかを考えたりして、 楽しみたいと思いました。」

「企業としてのブランド・パーパスだけでなく、 商品自体の価値/役割を再考する良い機会になりました。 気づかない本質的な価値を見つけ出す クリエイティビティの必要性も感じました。」

「目の前の作業に追われ、忘れがちなマーケティングの本質を、思い出させる講座でした。思い悩んだとき、行き詰まったときに、今回学んだ考え方を振り返り、前に進める気がしました。」


第2回:
マーケティングの基本(2)
~ターゲッティング~
活用実感:4.27/5点
「私は業務で今まさにコミュニケーション戦略を考えているのですが、自分のやっていることがマーケティングの体系のどのレイヤーにあって、何をすべきなのか理解が深まり、大変有意義でした。」

「マーケティングとコミュニケーションを同一のものとして考えがちなので、 あらためて、カスタマーへのコミュニケーションを意識する良い機会となった。


「ワークに対するfeedback(発表された方への)がとても参考になりました。」

第3回:
マーケティングの基本(3)
〜ポジショニング戦略〜
活用実感:4.12/5点
「ポジショニングの考え方が難しかった。商品寄りの軸になってしまいました。」

「ワークを通して、 製品ポジショニングとブランドポジショニングが違うということが分かりました。 ただ自分もそうでしたがとても勘違いして設定してしまいそうで、 正しく設定できるかの不安と難しさを覚えました。」

「買う側の頭の中をしっかり考えてポジショニングをすることが大切だと言うことがわかりましたが、何度も経験をしないとコツが掴めないと思います。みなさんの意見を聞いて、もう一度チャレンジしてみます。」
第4回:
クリエイティブジャンプ・トレーニング(1)
活用実感:4.57/5点
「大変面白かった。クリエイティブマインドを持つことで、現状を変えられるような強い気持ちを持つことができる。」

「クリエイティブ活動が具体的になり、もやもやすることがなくなった。」

「考え方、組み立て方の行動方法を実践的に教えてもらえたので良かったです。自腹で参加しているので頭に効く講義で良かったです。」
第5回:
クリエイティブジャンプ・トレーニング(2)
活用実感:4.46/5点
「演習では様々な意見がとびかったので面白かった。また、西村氏の各プレゼンに対するアドバイスが納得させられる内容であった。」

「時間を決めて、グループワークをすることで実際に緊張感を持ちながらも、提案まで持っていくことができたのが非常に有意義でした。」

「補講でしたが、短時間で各グループが素晴らしいプレゼンをされていて驚きました。」
第3回:
マーケティングの基本(3)
〜ポジショニング戦略〜
活用実感:4.12/5点
「ポジショニングの考え方が難しかった。商品寄りの軸になってしまいました。」

「ワークを通して、 製品ポジショニングとブランドポジショニングが違うということが分かりました。 ただ自分もそうでしたがとても勘違いして設定してしまいそうで、 正しく設定できるかの不安と難しさを覚えました。」

「買う側の頭の中をしっかり考えてポジショニングをすることが大切だと言うことがわかりましたが、何度も経験をしないとコツが掴めないと思います。みなさんの意見を聞いて、もう一度チャレンジしてみます。」
第6回:
インサイトとコンタクトポイント(1)
活用実感:4.08/5点
「商品が変わっていなくても消費者に対する意味が変わる事で販売が伸びる、伸ばす事が可能という点を、事例とともに学べた。」

「インサイトで大きく斬るだけで、当然ターゲットは『インサイトに当てはまる人』のためサービスと合致する可能性が高く優良なユーザーが多くいることがわかります。」

「無自覚な不満の存在を気づくことができた。 無自覚な不満の存在にはうっすら気づいていたが、適切な表現がわからなかった。 しかしながら、今回の講義で無自覚な不満がしっくりきた。」
第7回:
インサイトとコンタクトポイント(2)
活用実感:4.27/5点
「デビルインサイトという考えは斬新で興味深かった。自分は比較的ひねくれている方なので、このような視点からあえて物事を考えることは自分の良さ(?)を活かせるのではないかと感じた。またインサイトは1円にもならず、アイデアを得るための手段であるという大松氏の言葉は共感を受けた。インサイトを探すことがゴールになりがちなことがしばしばあるが、大松氏の言葉を思い出したい。」

「インサイトの4つの要素(シーン・ドライバー・バックグランド・エモーション)を用いることで、インサイトを考える方法を知ることができた。また、1人の方から、仮説をたくさん考える上で4つの要素に沿って考えると色々な発想が出てきやすいな、と感じた。」

「大きな共感を呼ぶものは、共感フラワーの色んな要素を満たしていて、インサイトの4要素が明確に記述できる」
第8回:
最終演習(1)
活用実感:4.35/5点
「企画を考えるときや、 オリエンを受けたときにその背後にある課題について もっと思考をめぐらせていきたいです。」

「商品や目に見えているもので違いを出すのではなく背景や潜在的なものをどのように抑えていくかが重要だと実感しました」

「各クライアントにも出自があって慣れてくるとそこが盲点になることが多いです。また提案の際に自分たちだから出来ることは何だろう、自分たちの出自って何だろうという視点を忘れずに取り組みたいです。」
第9回:
最終演習(2)
活用実感:4.46/5点
「他のチームの考え方、軽部さんのご意見が非常に参考になりました。最終発表に向けてチームで課題設定、消費者のインサイト等検討して次回にのぞみたいと思います。」

「生活者視点の欠如に、改めて気づかされました。生活者に寄り添った、課題の設定とソリューションを次回提案時に持ち込みたいと思います!!!」

「中間発表の場として、他の受講生から貴重な意見が聞けたのでとても良い時間でした。「メーカー目線になっている」とご指摘があったので最終発表に向けて、20代~30代の生活者目線で課題設定からやり直していこうと感じました。」
第10回:
最終演習(3)
活用実感:4.45/5点
「自分たちのグループはメーカー都合なキャンペーンであることを痛感した。しかしながら、チームメンバーで取り組んだ経験は今後必ず役に立つであろうと感じた。また、ほかのチームの着眼点は興味深いものが多く、それに対しての軽部氏のコメントも勉強になった。」

「他グループのプレゼンを2週続けて聞くことができたため、どのようにブラッシュアップしたのか、知ることが出来て面白かったです。テーマは同じでも落としどころは違うものになるのだなと思った。同時にチーム内ミーティングをもっとこうできたな、という反省も終わってみるとたくさん出てきました。」

「様々な提案を聞いて、本当にいろんな考え方があるなと再認識しました。自分の都合だけではなく、みんなの都合、社会のことを考えた提案をしていく、自分の仕事は社会課題を解決していける仕事であるという認識が持て、より今後が楽しみになりました。」
Zoomでの受講の感想
「初めてのZoom受講で不安でしたが、思っていたよりも簡単に受けられて、安心しました。」

「画面を通してではありますが、講師の距離が近く感じてよかったです。」

「欠席した回でも、動画補講でキャッチアップ受ができて、今の所、全講義を受講できている。」

「講義後の質疑応答の時間で、他の方の質問に、学ぶことが多くありました。」

「移動がないので身体的に疲れないのが良いです。」

「オンライン講義のおかげで、子育てしながら自宅で受講ができてよかった。」

「リモートワークが定着したことも合って、前後のスケジュールを調整しやすく受講できている。」
第8回:
最終演習(1)
活用実感:4.35/5点
「企画を考えるときや、 オリエンを受けたときにその背後にある課題について もっと思考をめぐらせていきたいです。」

「商品や目に見えているもので違いを出すのではなく背景や潜在的なものをどのように抑えていくかが重要だと実感しました」

「各クライアントにも出自があって慣れてくるとそこが盲点になることが多いです。また提案の際に自分たちだから出来ることは何だろう、自分たちの出自って何だろうという視点を忘れずに取り組みたいです。」

第33期 オンライン開講 マーケティング実践講座
「受講したい」と思っていただけましたら
こちらからお申し込みください!

●講義日程:6/14、6/21、6/28、7/5、7/12、7/19、7/26、8/2、8/23、8/30を予定

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければ、もう少しお付き合いただけますと幸いです。

宣伝会議は、1954年から68年にわたって、
マーケティングのスキルを学ぶ機会を提供してきました。
また、マーケティングの専門誌『宣伝会議』は創刊67年となりました。

こうした宣伝会議の教育事業では、
マーケターの方のみならず、
「マーケティングを今の実務に生かしたい」というの方に向けた有料の教育講座を、
約250講座を開催しております。

そして、毎年、25,000名を超える方が、
このノウハウを学ばれ、実務に生かし、活躍されています。

じつは、こうした実績は、
これまでも多くの注目をいただいておりましたが、
これまで、非公開としておりました。

なぜなら、
講座を受講して実践すると、確かに成果が出るので、
「競合他社の人に学ばれると、ライバルが増えるので、内密にして欲しい...」
とおっりゃる修了生の方が沢山いらっしゃったからでした。

しかし、ニューノーマルと言われ、
これまでとは、また異なる状況となりました。

冒頭でもお話ししましたように、
不確実な時代には、より確実なものが求められるようになります。

こうしたタイミングで、
マーケティングに可能性をお感じになられた方のお役に立ちたいと考え、
「受講したいけれど、もう少し悩みたい」とお感じの貴方の背中を押すことができればと思い、
修了生の実績や、受講に至った理由を掲載しました。

宣伝会議は、貴方の、
「実務での悩みをスッキリさせて」
「やればやるほど成果が出る正しいノウハウ」を身に付けていただき、
「自分がやりたかったことができ、なりたかった人物像になれる」ように、
なっていかれることに、役立ちたい企業です。

そうした成功を一緒にできるよう、事務局一同、貴方を応援します。

宣伝会議
第33期 マーケティング実践講座 事務局
中川