クリエイティブ・ディレクション
基礎講座 大阪教室

発注・判断する側のノウハウは誰も教えてくれません。
デザイン・コピーライティングの専門職ではないけれど、
制作に関わる方のための1日集中講座です。
2020年3月18日(水)10:00〜18:00

企業内でPOP、パンフレット、チラシ、Webページなどの
制作物に携わる方のための講座

  • 利用シーンや新しい使い方など読み手に気付きを与える表現の打ち出し方
  • デザイナーに何を求めているのか、どこで発想を膨らませるべきかがわかる指示の出し方
  • 「目立つ」「差別化が図れる」「納得させる」読み手の行動を喚起する表現に仕上げる
  • 「目立つ」「差別化が図れる」「納得させる」読み手の行動を喚起する表現に仕上げる
  • 「目立つ」「差別化が図れる」「納得させる」読み手の行動を喚起する表現に仕上げる

本セミナーの対象者

  • WEBページ、パンフレット、チラシ、CMなどの広告物の制作担当
  • DM、店頭演出ツールの担当
  • 社内報(紙)制作
  • DTPオペレータ
  • デザイナー
  • Webディレクター
  • 社内報(紙)制作

このセミナーに参加することで得られるメリット

メリット1

経験や感覚に頼らずとも一定の原則やルールを知り、
それを活用することで成果は飛躍的に高まる

担当者や決裁権を持つ上司の多くは制作の専門職ではありません。それゆえ制作物を一から制作すると、商品の売りや開発の苦労話など「伝える側の目線」で打ち出し方を決めてしまう、上がってきた案を好みや感性で判断してしまうといった事に多くの担当者が課題を感じています。しかし、買ってもらうなど読み手を動かすことを目的とした制作物にはある程度決まった原則やルールがあります。それらを多く知ってそれを活かした表現をすることで、好みや感性だけで作られた場合と比べて、売上などの結果で差を付けることが出来ます。
メリット2

読み手の"ホンネ"に迫るために
社内で固めること、外部の力で膨らませることを学ぶ

特に担当者が頭を悩ませているのは、いかにイメージ通りの案をデザイナーに上げてもらうかということです。多くの担当者が細かく伝えても、おおまかに伝えても納得出来る案が上がってこないという悩みを抱えています。しかしそうした悩みを解決した企業は、自社で固めるところとデザイナーにプロの発想力を借りるところを明確にすみわけ、適切な伝え方をすることによってイメージ通りの案を上げてもらっています。

宣伝会議では、マーケティング・コミュニケーション領域の専門出版社として培った58年のノウハウをもとに、今まで誰も教えてくれなかった発注・判断する側に向けた制作物の企画・制作のノウハウを習得する「クリエイティブ・ディレクション基礎講座」を開講いたします。

メリット2

読み手の"ホンネ"に迫るために
社内で固めること、外部の力で膨らませることを学ぶ

特に担当者が頭を悩ませているのは、いかにイメージ通りの案をデザイナーに上げてもらうかということです。多くの担当者が細かく伝えても、おおまかに伝えても納得出来る案が上がってこないという悩みを抱えています。しかしそうした悩みを解決した企業は、自社で固めるところとデザイナーにプロの発想力を借りるところを明確にすみわけ、適切な伝え方をすることによってイメージ通りの案を上げてもらっています。

宣伝会議では、マーケティング・コミュニケーション領域の専門出版社として培った58年のノウハウをもとに、今まで誰も教えてくれなかった発注・判断する側に向けた制作物の企画・制作のノウハウを習得する「クリエイティブ・ディレクション基礎講座」を開講いたします。

講師紹介

宮澤 節夫氏 
宮澤節夫事務所

広告制作会社でのコピーライターから広告代理業に転身。株式会社朝日広告社でクリエイティブとマーケティング双方のディレクター、株式会社南北社(現デルフィス)ではクリエイティブ局長、株式会社サーチ・アンド・サーチ・アドバタイジングでは戦略プランニングディレクター(後に代表取締役社長)、DDBジャパンではストラテジックプランニングオフィサー、ラップコリンズ株式会社では代表取締役社長などを歴任。
国内企業と外資系企業を経験し、そのほとんどでクリエイティブとマーケティングを自ら担当するとともに、マスメディア広告からCRMまでを統合的に実践。現在は、クライアント企業側にたち、企業宣伝部と広告会社の間に入り、広告宣伝を効果的かつ効率化に導くコンサルティングを実施している。

田中 みのる氏 
ライズマーケティングオフィス 

平成元年 大阪中央郵便局着任、公社化、民営化と大組織の変革を経験、法人営業、社員育成等を担当。その後、霞が関本社にて勤務。2010年独立、ライズマーケティングオフィスを設立。メディア接触時のターゲット・インサイトを追究し、効果の出る販促物・チラシの作成や、Web・モバイルを活用したクロスメディアのプロモーションについて、全国でコンサルティング、セミナーを多く手掛ける。その知見を生かし販促会議「販促NOW」コーナーにて販促ツールを解説。また宣伝会議『現代宣伝・広告の実務特集』にて「ダイレクトレスポンス広告の作り方」を執筆するなど、多数の実績。

受講者の声

クリエイターがどうしてこちら(広告主)の意図+αの企画書をあげてくれないのか不満に思っていたが、我々側の情報整理が十分でなかったのだと気付かされた。

先輩などからは聞けない情報が得られた。 知らない事、今までしてなかった事など、これから 活かせる話がたくさん聞けた!

7つのアプローチ方法と4つの表現方法での判断は今後仕事をする上で非常に役立つと思いました。

先輩などからは聞けない情報が得られた。 知らない事、今までしてなかった事など、これから 活かせる話がたくさん聞けた!

セミナー概要

日程
2020年3月18日(水)10:00~18:00
料金 ¥ 39,000(税別・申込金含む)
会場 宣伝会議関西本部セミナールーム(大阪市北区堂島2-1-31 5F)
内容 クリエイティブ・ディレクション基礎講座 大阪教室
内容 クリエイティブ・ディレクション基礎講座 大阪教室

クリエイティブ・ディレクション基礎講座 大阪教室

宣伝会議