地域がフィールドのビジネスパーソン向け
企画書・プレゼン講座
(白土謙二 特別クラス)

第一部【講義】録画配信 (約2時間)※事前視聴
第二部【演習】ライブ配信
       8月5日(水)13:00~16:20開催
受講料金:49,000円(税別)

詳細資料PDFはこちら

無料体験動画公開中!

地域のビジネスパーソンは、忙しい。

肩書は営業だけど、コミュニケーション設計も、提案も、進行もやる。肩書はデザイナーだけど、コピーもつくる。コンセプトから任される。肩書は総務だけど、広報も、デザインも担当する。分業が進んだ都会の仕事とは違い、地域のビジネスパーソンは多くのタスクを抱えています。商品やサービスを、どこで、どのように、いくらで売れば、成果が上がるのか。ビジネスの全体像を俯瞰し、組み立てる能力が必然的に求められます。しかし、その大変な仕事は、本質的でやりがいに溢れ、楽しいものです。

提案を通すために必要な手法論を学ぶ。

「提案書の枚数は何枚が適切か?」「フォントは何を使えばいい?」企画書作成やプレゼンに関する悩みは尽きず、様々な書籍やセミナーで情報が溢れています。本講座は、きれいな企画書をつくったり、流ちょうなプレゼンテーションを行ったりするための表面的なテクニックだけを学ぶものではありません。時代を先読みし、ビジネス全体を理解・俯瞰した上で「課題の本質」を掴み、解決する方法を学びます。「伝説のプレゼン」と呼ばれるエピソードを多数残してきた講師から、真の提案について、実践的に学びます。

登壇講師

白土 謙二氏
元電通 特命顧問

1977年電通入社。以来約20年間、クリエーティブ・ディレクター、CMプランナー、コピーライターを勤める。あらゆる領域を戦略と表現の両面から統合的なコンサルティングを行う。97年インタラクティブ・ソリューション・センター局長。電通初のインタラクティブメディアを使ったマーケティング・コミュニケーション開発を行う。2000年プランニング・プロデュース局長。社会的な課題の解決を行う、ソーシャル・マーケティングを研究・提案。01年よりコミュニケーション・デザイン・センター エグゼクティブプランニングディレクター。社会的な課題の解決とブランディングを結びつけた、21世紀型のブランディング手法や、企業の経営・事業課題をこれまでにないストラテジックプロセス・デザインという視点から統合的に解決するコンサルティングを開発、実践している。戦略担当執行役員を経て、13年より特命顧問。15年に同社を退社後、今までの実績と経験から、広告とは異なる多方面の領域で活動中。

トレーニングの流れ

STEP

1

講義:プロの「実戦知」を学ぶ

企画書・プレゼンのスキルを向上させ、本当に通る提案を行うためには、まずその正しい方法を学ぶ必要があります。
講師が、”実際のビジネスで”、長い時間・多数の場数をかけて培ってきた「実戦知」を学びます。
オンデマンド(録画)配信のため、開講までの間に、柔軟なスケジュールで視聴いただけます。

視聴期間:お申し込み後、6月1日(月)10:00~7月31日(金)23:59(予定)の期間中から3日間

STEP

事前課題:自身のレベルで落とし込む

講義を一方的に聞くだけでは、多くの場合、分かった気にはなっても実際には落とし込むことができません。
講義の最後には、内容を踏まえた「事前課題」が課されます。自身で考えなければならないため、現在のレベルに向き合うことができるほか、より深く講義内容を腹落ちさせることができます。(任意提出)

任意提出のため、提出しなくてもお申込みは可能です。

STEP

演習:答え合わせを行う

学んでいただいた内容を、実際にビジネスに生かしていただくために、より深く落とし込みを行います。
講師との対話形式で課題に対する演習を行うことで、緊張感を持ちながら理解を進めます。
また、講師や他人、他業界の考えに触れることで、視野を広げることが可能です。

※提出の合った課題の中から、参加者の皆さまに汎用できる課題で演習を行います。
 すべての課題に触れることはできません。ご了承ください。

STEP

1

講義:プロの「実戦知」を学ぶ

企画書・プレゼンのスキルを向上させ、本当に通る提案を行うためには、まずその正しい方法を学ぶ必要があります。
講師が、”実際のビジネスで”、長い時間・多数の場数をかけて培ってきた「実戦知」を学びます。
オンデマンド(録画)配信のため、開講までの間に、柔軟なスケジュールで視聴いただけます。

視聴期間:お申し込み後、6月1日(月)10:00~7月31日(金)23:59(予定)の期間中から3日間

事前課題の例

参加人数には上限があります。
お早めにお申し込みください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信